不動産業者を味方につける

不動産業者も人間です。
こちらの失礼な態度や立ち振る舞い、
知識の無さを露呈することによって良いお部屋を紹介してもらえないこともあります。
そんな事態を回避するために、
不動産業者にとって良いお客さんであるためのコツを身につけましょう。
大切なのは、すべてを不動産業者任せにしないことです。
最低でも、自分が求める部屋の条件をきちんと決めておきましょう。
賃料は何円まで、ウォシュレット付きのトイレが良いといった具合です。
ただし、条件が多すぎても不動産業者は困ってしまいます。
アクセスと賃料、間取り、
プラスワンくらいの条件に絞り込んでおくと不動産業者も部屋を探しやすくなるのです。
不動産業者から来た連絡に対して、真摯な対応をすることも重要です。
物件の情報を不動産業者からメールしてもらったなら、なるべく早く返信しましょう。
気に入った場合は検討する旨を、
気に入らなかった場合はその理由ともっとこういう部屋を探してほしいという要望を添えてください。
こちらの本気度が伝われば、不動産業者も熱心に仕事をしてくれるのです。

家賃を滞納すると思われるような服装や態度で不動産店を訪れると、
「支払い能力のない借主」というレッテルを張られてしまいます。
清潔感あふれる格好と丁寧な言葉遣いを心がけましょう。
電話予約を入れたときは、必ず来訪時間を守ってください。
遅刻数る人は、家賃を滞納しやすいと判断されても仕方ありません。
不動産業者は地域を知り尽くしています。
彼らと仲良くなることが出来れば、これからの生活もより楽しいものになることでしょう。